様々な場面で活用できる暖簾を製作するために必要なことについて

カテゴリー: インテリアとして活用

天然綿素材のような適度な肉厚感と透けにくさ

防炎綿風スラブを使ったのれんは、自然な風合いの防災物品の一つです。
防炎新素材であり、日本防炎協会認定済みの防炎マーク対応で洗える防炎のれん生地などの特徴があります。不特定多数の人々が出入りするような施設、
高層建築物や地下街などのお店で使うのれんは防炎が義務付けられている防炎物品になります。

消防法の法律の中では、防炎生地を使ったものでなければならない、一般的な繊維のものはNGになっている施設も多くなっているようです。特に、病院や
ホテル、飲食店などのような多くの人々が利用するところは義務付けを守ることが経営者の役割になっているので注意が必要です。

防炎タグ縫い付け

ポリエステル素材は、繊維がとても丈夫で切れにくいことや他の繊維と比べると耐久性に優れているため
長期間使うのに最適です。洗濯しても縮むことはないですし型崩れもしにくいこと、高温度で染色が施されることから色落ちが少ない熱および太陽光による劣化も抑制できるメリットもあります。

ただ、独特の光沢感や手触りや質感が安っぽいなどの
デメリットは存在しており、防炎性脳がないなどの
デメリットを持っています。これに対して防炎綿風スラブは天然綿素材のような肉厚感や透けにくさなどを兼ね備えた防炎物品です。

麻風や綿風に見える2タイプの素材


のれんの素材の一つに麻風スラブと呼ぶものがありますが、これは生地の目が粗いのでインクジェット方式で印刷を行ったとき細かな柄の再現がしにくいこと、雰囲気重視の場合はともかく柄そのものを見るなどのこだわりには不向きな素材です。目の開きが大きいので仕切りとして使う際には透けすぎてしまうことも少なくありません。

防炎綿風スラブのれん

エステル麻の場合は、生地の目が詰まっているのでインクジェット方式で印刷を行ったとき絵柄の再現度が高いのですが、目が細かくて密度が濃いなどの理由から透け感や清涼感が感じにくくなりがちです。

防炎シアリエステルや防炎綿風スラブなどの素材ののれんは、これらのデメリットを感じさせない防炎物品に含まれるのれんです。

綿風スラブは綿風に見えるタイプでシアリエステルは麻風に見えるなど、それぞれの見え方にこだわりを持っている、しかも防炎物品でなければ利用できない施設などに最適dす。

ちなみに、人の出入りが多い施設などの場合は、埃などによりのれんが汚れてしまうことも少なくありません。利用している場所にもよりますが常にきれいにしておきたいときなど、これらの素材は洗濯後も防炎性能を維持する性能があるので安心です。

和モダンを取り入れて清潔で落ち着いた印象に

和モダンというデザインは、おばあちゃんの家のような和の落ち着いた印象とともに、現代らしい洗練されたイメージを持ちます。そのため安心感と清潔感を得やすいデザインで、若い人でもお年寄りでも好ましく感じやすいデザインだと言えます。

店舗レイアウトを考えるときに、このデザインを目に入るところに設置すると、店舗の印象が良くなるでしょう。例えばのれんのように、お客様の目に
入るところに取り入れることで、お客様に「落ち着く」と感じてもらえ、
そのお店に長く滞在したり、また来たいと思ってもらえるはずです。

和風モダンのれん

のれんの使い方として、例えばお客様のいる店頭と従業員用のバックヤードとの間に設置して、「バックヤード」という現実感を消し、店舗の印象を損なうことなく行き来できます。

ほかには、カフェやレストランでお客様の席の間に長いのれんを設置しておいて、必要があれば席を分けたり、のれんを外して席をくっつけて大人数に対応したりできます。

この時に和モダンのデザインを選んでおけば、
席を分けるために下ろしてあっても圧迫感がなく落ち着く印象になりますし、「席を分けるため」という店舗側の理由ではなく、素敵なインテリアだと受け取ってもらえるでしょう。

懐かしさを出すことでリピーターを増やせる

人は、懐かしく落ち着いた印象の場所に何度も足を運びたくなるものです。
懐かしさの演出として、特にのれんを使うことが効果的です。ドアの代わりにもなりますし、仕切りやついたて、壁の代わりにも使えます。

のれんは押しても触れても重くなく、軽い手触りなので、小さな子どもや力の弱い人が簡単に動かして利用できるのもメリットです。のれんは昔の日本の家屋によく利用されていたので、懐かしさを感じる人は多いでしょうし、金額的にもそれほどかからないので、取り入れるのは簡単でしょう。こういった演出で得られるのは、大切なリピーターのお客様です。

例えばカフェは、お茶を飲んだり食事をしたりする場所ですが、落ち着いてゆっくりとする場所でもあります。カフェで雑誌を読んだり小説を読んだりするときに、なんとも落ち着かない印象のお店だと、飲んだり食べたりしたらすぐに退出したくなって、もう行きたくなくなってしまいます。

カフェでものれんが合う

友人と楽しくじっくり話したいのに、落ち着かないと本音も話せません。このように、カフェにはもちろんのこと、多くの店舗でインテリアにのれんを取り入れることで、落ち着いた印象を出し、また足を運んでくれる
リピーターさんを増やすことができます。

プライバシーを守れる空間

ワンルームだと玄関から部屋の中が丸見えになってしまうため、空間を仕切るために活用することをおすすめします。空間を仕切って、お客さんや宅配スタッフが玄関まで来ても、1人暮らしをする空間のプライバシーを守れます。

プライバシーを守る

のれんはおしゃれなものもあるため、インテリアとしても注目です。玄関の中が丸見えだと、玄関から人に見られるかもしれないと感じる方もいるため、落ち着かない方もいます。

扉がないワンルームでも、のれんをつかうことでプライバシーを守れます。また、扉がある場合でも、夏は扉を開けておきたい時に、のれんをつかうことで、過ごしやすくなる方もたくさんいます。

通気性に優れた商品もあるため、風もしっかりと感じられるようにした理、密閉されている場所が苦手な方も安心して過ごせるようになります。狭さを感じる部屋でも、いろんな工夫をすることによって、過ごしやすい空間に変えていくことができます。

ちょっとした工夫で魅力的な空間に変えていくことができるため、のれんに注目することで、予算内でお気に入りの場所に変わります。デザインにもこだわることができるため、幅広い世代が、気に入って使うことができる点にも注目です。

透過性や通気性にもこだわれる

ワンルームの空間を仕切るときに、壁のように重たい感じになってしまうことがないように、インテリアを意識しておしゃれなのれんを選択することをおすすめします。

おしゃれなのれんを選ぶことで、解放感も感じることができます。

例えば、ストリングのれんは、玄関から丸見えの状態を防ぐことができるだけではなく、部屋もおしゃれになります。細く編まれた複数のヒモを天井から吊るすだけなので、簡単に設置できますし、複数のヒモの隙間は少し見えるため、玄関や部屋が狭い環境に感じることのないように配慮できます。

使いやすいのれん

視界を完全にブロックするのではなく、透過性に優れた商品もあるため、上手に取り入れていき、部屋をすっきりとした空間にしつつ、プライバシーを守れるように工夫することをおすすめします。

のれんは、カラーバリエーションも豊富なので、いろんな商品情報を集めて、お気に入りの商品を見つけることができます。オンラインショップでも販売されているため、デザインにもこだわって選ぶことができますし、サイズの確認もしっかりと行ってから商品を購入できるようになります。

少し部屋を変化させたいときにも、天井から吊るして設置することをおすすめします。

 

Powered by WordPress & Theme by Anders Norén