様々な場面で活用できる暖簾を製作するために必要なことについて

タグ: 暖簾

暖簾には変体がよく似合います

暖簾をオーダーするにあたっては、どのような場所に設置するのかを決めてお店に伝えることが大切です。暖簾の性質として、日焼けして色落ちする可能性があります。それゆえに、屋外で使う場合には耐久性のある生地で作ることがポイントです。このように、室内か屋内かによっても適した暖簾は異なります。設置場所を説明すれば、そこに合う染色や加工方法にて製作してもらえます。

まず室内で使うときは、防災加工をしなければなりません。万が一火事が起きたときも被害が少なくて済むような工夫を施します。飲食店やデパートなどで使う際にも、布製品には防炎加工が必須になってくるのです。

撥水加工のれん

一方で日除け暖簾のように屋外設置することもあるでしょう。その場合には、生地の表面で水分をはじくように撥水加工をします。撥水加工しておけば、雨による劣化を緩和できて暖簾が長持ちします。

風が強い場所にて使用するのであれば、風穴と呼ばれるスリットを作っておくと安心です。風穴は風の通り道になるので、風圧を防ぐことができます。

どのような対策をすれば良いかはお店側が考えてくれます。せっかくオーダーするのですから、長く綺麗に使える商品にしたいものです。

制作期間を考慮して早めに注文をかけるようにしよう

手作りで注文できる暖簾は、何といってもお気に入りのデザインに仕上がることが魅力です。

お店の入口に設置したい場合などは、店舗オープンに間に合う納品が必要になってきます。とは言え丁寧な手作りのため、すぐには納品できない所が多い傾向にあります。無理して急いで作っても良いものができませんし、職人のこだわりもあるでしょう。希望する生地や染色などを取り寄せるのに時間がかかることもあります。

また人気店は注文予約が混んでいるかもしれません。依頼する際には制作期間も考えて、早めにお願いするのが堅実です。納品日を相談すれば何とかしてもらえる所もあるので、まずはいつまでに欲しいかを伝えてみましょう。

オーダーのれんについて

急ぎの場合は、短納期が可能なお店を探して依頼するのもひとつです。多数のプリント工場と連携しているお店であれば、早い納品も可能になります。一度に制作できる枚数が増えるからです。工場から直送してもらえる
システムの所も、短納期しやすいです。

自社工場にて、版下から型作成、染色から縫製まで一貫生産しているお店も、短納期できます。早く暖簾が欲しいならば、そのような点をふまえてお店選びをすると良いでしょう。

安く購入するなら既製品

のれんはお店の屋号を知らせる、どんなサービスを提供しているのか
一目でわかる効果もありますし、日よけや間仕切りとしても活用できます。

専門店で購入するという方法もありますが、実店舗の専門店は
それほど多くありません。

そこで注目されているのが通販サイトで、全国どこからでも
注文できるのがメリットです。

のれん生地には風を防ぐ

通販で提供されている、のれんのデザインは実に豊富となっており
価格帯もリーズナブルなものから、やや高級なものまで
幅広く用意されています。

色柄や文字、イラストなども豊富に用意されていますので、
じっくりと比較して好みに合うものを選んでいきましょう。

より安く購入するのであれば、既製品から選んでみてはいかがでしょうか。

既製品の場合は、すでに完成されているので納期も早くなりますし、
比較的安価で提供されています。

既製品でも、素材やサイズも豊富に用意されていますので、
注文前には素材をチェックし計測もきちんとし、
設置したい場所にぴったりのものを選んでいきましょう。

既製品では凝ったデザインのものは少なくい傾向にありますが、
お店の玄関に飾るタイプから室内用などもあり、
欲しいときにすぐに入手できるのもメリットです。

オリジナルで作るなら

既製品の暖簾はすぐに入手できることや安く購入できることが
メリットですが、オリジナリティに欠けると考える人もいます。

既製品ではサイズの規格も決まっていますので、設置したい場所に
微妙にサイズが合わないということも珍しくありません。

そのような場合はオーダーメイドでオリジナルで作ることも
考えてみてはいかがでしょうか。

通販サイトでも、オーダーに対応しているお店は多くなっています。
オーダーであれば、色柄や素材、印刷方法などもより自由に
選ぶことができますし、写真つきのフルカラーなどにも対応できます。

データの入稿方法は業者ごとに違いがありますので、注文前には
よく確認しておきましょう。

のれんのデータ入稿

デザインの仕方がわからないという人もありますが、
のれん通販サイトによってはWEB上で誰もが手軽に
デザインできるサービスも用意されています。

こうしたサービスを利用すれば、素材や文字を選ぶだけなので
デザインの知識や技術がない人も、手軽にオリジナル暖簾を作成できます。

オリジナルで作るとなると、費用が高くなるというイメージも
ありますが、自分で作成すれば費用も安く抑えることができます。

販売価格はサイトごとに違いがありますので、
複数のサイトで比較してみることもおすすめです。

Powered by WordPress & Theme by Anders Norén